社員インタビュー

GAME DESIGNER 土田 和磨

ゲーム業界はブラックというイメージが無くなりました。
やり切れなかった仕事があったので、しっかり学んでもう一度チャレンジしたいです。

Profile

開発部 GAME DESIGNER土田 和磨

  • 福島県出身
  • 2019年スタジオワンオアエイト入社

現在のお仕事の内容について教えていただけますか?

ゲームプランナーとして、企画とデータの作成を主にしています。
具体的には、バトルのバランスの調整やゲームのキャラクターのパラメーターの調整、技の強さの調整を行っています。

新卒で入社して、今は入社2年目です。

どういうきっかけで入社されたのですか?

大学ではプログラム系のことを学んでいました。

ゲーム会社に入りたいというのはもともとあって、大手も考えていました。
でも調べていくうちに、小さな会社や新しい会社の方が、新しいことができそうだなと感じるようになり、就職サイトを通して当社のことを知りました。

自分のやりたいことをいろいろ学べそうだなと思い企画職で応募し、入社することができました。

入社後イメージ通りの仕事ができていますか?

ゲーム業界はブラックというイメージがあったのですが、入社してみたらそんなことはなかったです。高校や大学の友人と話しても、うちはホワイトだなと感じます(笑)

仕事自体も、入社したときから企画としていろいろな業務をさせてもらっていて、自分にあっていて楽しいですね。面接のときにやってみたいと言っていたことが、半年もたたないうちに担当させてもらえました。

これまで2つのプロジェクトに関わって仕事をしてきました。

今までの仕事で一番やりがいを感じたのはどんなことですか?

もともとやりたかったキャラクターのデータの作成を、入社して早い段階で関われたのがすごく良かったです。
仕事としても自分なりに納得したものができました

今後は、パラメーターのことで、もっと深堀した詳細なところまで企画を立てられるような仕事をしていきたいですね。

実は今のプロジェクトで、一つ挫折したところがありました。パラメーターの計算式があまりに複雑でどうしたらいいか分からない状態になり。もちろん上司にも相談に乗ってもらっていたのですが、自分ではやり切れなかったんですよね。
ここはもう一度リベンジしたいです。

もっと知識をつけなといけないと、と思っているので、資料を集めて、どうやって企画すれば製品としてうまくいくのかを自分でしっかり学んでいきます。自分は失敗を結構気にしてしまうタイプなのですが、やりたいことなので、いつかもう一度と思っています。

会社の良さをどんなところに感じますか?

好きな人と関わって話すことは気軽にできますし、コミュニケーションを強制されることもないので、自分のスタンスでいろんな人と関われるのはとてもいいですね。話しやすい環境なので、困ったときにはすぐに相談することもできます。

新卒で入ったのが1人だけなので、同期がおらず少し寂しい部分もあったのですが、逆に周りは優しく気をつかってくれるのでありがたいです。
リモートになっても話のしやすさは変わらないですね。

また、納期が近いともちろん大変な時はあるのですが、プライベートな時間は取りやすいです。有休もとりやすくて、上司の人にもざっくばらんに話しやすい環境が整っていると感じます。

テレワークの前は昼ご飯を誘ってもらい、ゲームの製作の裏話などを教えていただいて、面白かったですね。

会社にこれから期待することは何ですか?

積極的にいろいろなことができる環境を作ろうとしているので、自社でやれる仕事が増えていけばいいなと思っています。
あとは、やっぱり自社開発の仕事が増えてほしいです。
自社開発で、パラメーター関係の企画のリベンジができたら最高ですね。

もっと人が増えて大きくなっていってほしいという気持ちもあります。
自分は少し受け身なタイプで聞く方が得意なので、どんどん話してくれる人が仲間になってくれると嬉しいです。